口下手 会話が続かない 克服

Sponsored Link

話題が豊富でなくても会話が続かない悩みは解消可能

話題に困って沈黙してしまう悩み

 

会話が続かなくなるのを恐れて、いつも、芸能ニュースや雑学やらいろいろ情報を仕入れている状況はつらいと思います。

 

常にあれこれ情報に敏感でいるのはつらいものがあります。

 

会話の話題に困るというのは、誰しも経験していると思いますが、別に話題が豊富でなくても、会話を続けるコツというか方法は存在します。

 

会話は共通項があれば簡単である

 

例えば、ゲーマーであれば、新作のゲームが出たら速攻で購入して、ゲーム仲間と盛り上がるのは簡単です。

 

まず、新作のゲームの会話をするならば、ゲームの主人公のこと、ヒロインのこと、ストーリー、バトル、アイテムのこと、ネタは尽きないと思います。

 

巨人ファンであれば、順位のこと、選手のこと、監督のこと、試合を見に行くことなど、これもまた、ファン同士であれば、比較的盛り上がりやすいです。

 

共通項があれば、どんどん会話を膨らませるのは容易です。

 

話題が豊富でなくても会話が続かない悩みは解消できます

 

例を挙げて分かるのは、ひとつのテーマからどんどん新たに頭の中でネタが出続けるということです。

 

しかも、簡単にです。ゲームでも野球でも、好きなものであれば、自分の頭の中で連想して、いろんなイメージからそれを口に出して会話を発展させるわけです。

 

これは、実は話題が豊富でなくても簡単なのです。

 

イメージする力、連想する力、これは誰しも持っています。

 

好きなことであれば、意識しなくてもどんどん連想できます。

 

でも、好きなことでなくても、意識的にイメージしていけば、いろんな概念が出てくるはずです。

 

例えば、相手が朝、缶コーヒーを飲んでいるのを見たら、ブラックかミルク入りか、メーカーはどこか、朝の目覚ましなのか、どこで買ったのか、いくらで購入したのか、などを意図的にイメージして、それを質問するわけです。

 

一つの概念から、それを自分の中で質問化させていけば、別に話題が豊富である必要はまったくないのです。

 

「缶コーヒー」はあくまで一例で、会話のきっかけはなんでも良いと思います。

Sponsored Link