口下手 会話が続かない 克服

Sponsored Link

会話が沈黙する意外な原因と誰でもできる克服法はある

会話が続かず沈黙なってつまらない

 

友達でも恋人でも良いですが、沈黙が続いて息苦しい経験をされたことがあると思います。

 

特に、沈黙が長く続くあの気まずさは何とも言いようがありませんが、一体原因は何だと思いますか?

 

「話が途切れたら、話題は思いつかずに黙ってしまう」

 

「相手から話しかけられても、すぐに会話が沈黙になってしまう」

 

特に、初対面の人とは、会話が続かなくて沈黙状態に陥る。

 

これは自分も良くありました。

 

「沈黙なんて気にならない」なんてウソです。

 

熟年の夫婦でもなければ、沈黙は苦しいものです。

 

沈黙してしまう原因は、会話の基本的な事項、ルールを知らないからだけ

 

沈黙が長く続くのは、相手にも原因があるケースもありますが、会話が続かず沈黙なってつまらないとお悩みの方は、おそらく自分が原因で沈黙してしまうと自覚されていると思います。

 

会話が上手な人との会話であれば、相手がうまくリードしてくれてうまくいくわけですから、やはり自分を変えたいと思うわけです。

 

しかも、これは先天的なものもあるけれども、実は、会話の手法を学んで実践を繰り返すことで、解決できる悩みです。

 

大事なのは、会話にも、学校で学ぶ英語や数学や化学などと同じように、基礎的事項が存在するということです。

 

意外かもしれませんが、沈黙してしまうのは、会話の基礎的事項、基本的なルールを知らないだけだからです。

 

会話だからと言って馬鹿にはできません。

 

ギリシャ時代には、会話術については、ソクラテスの提唱した問答法のように、問答形式で行う学問が存在したほどです。

 

会話を沈黙させないためにはその術を学ぶべき

 

会話を沈黙に陥らせないためには、会話の基本を学んで、練習、実践を積み重ねるべきです。

 

会話術ともいうべきものですが、しかしながら、そんな大それた話ではなく、誰しも知っているようなコツ、ツボを意識して会話の場で試し続けるということです。

 

誰しも知っているような内容です。

 

ですので、誰もが沈黙から脱することができるということです。

 

若干理論じみた記事もありますが、当サイトを読み進めていただければ、「何だ、自分でもできるじゃないか」と自信を持っていただけるはずです。

Sponsored Link