口下手 会話が続かない 克服

Sponsored Link

好かれる話し方 嫌われる話し方 の決定的な違いとは

話し方によって好感度はアップできるか?

 

職場でも学校でもそうですが、話していてイラッとくる人がいます。逆にこの人は話していて落ち着くなあという人もいます。

 

相性と言うものもあるかもしれませんが、大抵、後者のようなタイプは、誰からも好かれている可能性が高いです。

 

話し方一つで相手に与える印象が違うからでこれは意識しておけば直せるものです。

 

誰からも好かれる話し方には共通したポイントがある

自己啓発本には、「人に好かれる話し方・嫌われる話し方」「人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方」といったようなノウハウ本がありますが、根本的には同じようなことをいっているかもしれません。

 

それらの書籍を読んでいただくと分かりますが、やはり、誰が見てもそうだなあというポイントがあって、それを守るようにしていけば、自然と相手に良い印象を与える話し方をできるようになっていきます。

 

学んだうえで、実践を積むのが大事なので、ノウハウを学んで満足してしまうようなことがないようにしたいところです。

 

誰からも好かれる話し方は、誰でも簡単に意図して作り出せる

 

誰からも好かれる話し方は、実は、誰でも簡単に意図して作り出せるもので、その最たるものが、「笑い」です。

 

と言っても、お笑い芸人のように笑いを取るのではなくて、相手に笑いかけて、誘い笑いを誘因するということです。

 

私の大好きな海外ドラマの「フレンズ」では、誘い笑いの音声がたくさん入っています。

 

これによって、自然に楽しい雰囲気になっていきます。

 

そして、相手よりもテンションを高めに設定します。

 

同じよりもちょっと上回る感覚です。

 

このテンションも笑うことと同じくらい重要です。

 

テンション低いと相手が心配しますからね。

 

それから、最後に喜怒哀楽をしっかり表情に出すことです。

 

「秘めたる闘志」なんて、現代では通用しません素直に自分の感情を顔に出しながら人間らしく振舞い、話すことです。

 

この3点を意識して守れば好かれる話し方になります。

 

ただ、この意識してというのが最初は難しい。

 

普段できていないことをやるわけですから。

 

ですので、会話の実践を積むことが大事になります。

 

嫌われる話し方はこの逆パターンということになります。

Sponsored Link