口下手 会話が続かない 克服

Sponsored Link

話を振るのが苦手でも絶対にうまくなれます

話を振るのが苦手で無口な人と思われる

 

自分から話を振るのが苦手で、「無口な人」とレッテルを貼られることがります。

 

でも、話しかけられれば、受け答えもしっかりしていて、自分の意見をはっきり言える。

 

自分の方からあまり話を振らないせいか、苦手意識をもたれてしまうのは非常にもったいないことです。

 

家族や友人を普通に話せるにも関わらずです。

 

単に質問を続けるだけでは失敗する?

 

よく、ノウハウ本にもあるのですが、相手に質問しようとあります。

 

それはそれで正しいのですが、どういった質問をすべきかまで詳細に書いてあるものは少なかった記憶があります。

 

例えば、話相手が大のジャイアンツファンだったとします。

 

でも、自分は野球に興味がまったくなかったとします。

 

仮に、ジャイアンツの質問をしたとしても、「○○選手が好きなのよ」と言われても、その選手が投手なのか野手なのかも分からず、イメージも湧かず、会話は盛り上がりません。

 

自分が盛り上がれないので、相手にもそれが伝播して、会話自体がすぐに沈黙になってしまいます。

 

話を振るのが苦手なのは十分克服できる

 

話を振るためには、話を広がっていくような話題、ネタでもって振るのが正しいやり方になります。

 

間違っても、話す相手の好きなこと、趣味のリサーチをしたうえで、それを会話に持ち出すようなことをしてはいけません。

 

自分が苦しくなって(つまらなくなって)、会話がうまくいかなくなるだけです。

 

質問上手というのは、相手を質問攻めにするということではないのです。

 

詳しい手法は、会話のネタや話題が尽きずにずっと会話が続く方法の記事などを参考に質問を作りだして、会話の場で、練習、実践をしてみてください。

Sponsored Link