口下手 会話が続かない 克服

Sponsored Link

初対面の方と会話するときに一番大切なコツとは

人見知りするので初対面の相手が苦手

 

性格的に人見知りするタイプですと、人と話すことが苦痛なことが多いです。

 

コミュニケーション自体が面倒臭いということですね。

 

そうなると、初対面の方ですとさらに輪をかけて話すのが嫌ということになります。

 

でも、長い人生、人と接することなく過ごし続けるのは難しいことです。

 

初対面の方とうまく話すには「聞き上手になる」は間違い

 

初対面の方と話す時に大事なのは、自分がどういう人間なのか話をよくしないといけないということです。

 

ノウハウ本とかですと、相手の話をじっくり聞こうとか、相手から話を引き出して会話を盛り上げるような記載も見られますが、それは、ある程度、信頼関係ができてからになります。

 

初対面で、最初からあれこれ聞かれると相手は嫌がります。

 

初対面だからこそ自分のことを良く知ってもらう方が先

 

初対面で一番大事なのは、相手に自分がどういう人間なのか懇切丁寧に説明してわかってもらうことです。

 

懇切丁寧というと言い過ぎかもしれませんが、自分の人となりをしっかり伝えることです。

 

最初は、例えば、朝であれば、通勤のときにおこったことやその前日に夜に何をしたかなど、自分の身の回りで起きた出来事を自分になりに相手に話します。

 

ここでは、面白いかどうかは関係なく、起きたこと、出来事に自分がどう思ったかなどを話してみます。

 

話す口調や態度などで、相手も自分がどういう人間か判断してくれるはずです。

 

難しく考えすぎず、自分の気持ちを素直を入れ込んで話してみると良いです。

 

そして、自分のことを話し続けて、相手から何か話し始めたときに初めて質問を繰り出すのです。

 

こちらの情報は相手にある程度伝わっているので、相手も安心してこちらからの質問に回答を返してくれるはずです。

Sponsored Link