口下手 会話が続かない 克服

Sponsored Link

初対面やあまり仲良くない人との話が途切れない方法

話したくない人とも話さざるを得ないシチュエーションは誰にでもある

 

若い頃に学校からの帰りであまり仲良くない人と並んで帰宅する場面、仕事が終わりあまり普段話さない上司とたまたま一緒になってしまい、電車の中で会話をせざるを得ない場面。

 

こんな時に、会話術を心得ているかどうかでまったく緊張の度合いがかわってきます。

 

話が途切れないようにするには、まず、自分のことを話しながら質問を駆使する

 

あまり仲良くない人との会話ですから、相手が自分のことを良く知っていない可能性が高いです。

 

話が途切れないようにするだけならば、質問を続けていれば途切れずに済むことになります。

 

ただし、会話が盛り上がるかどうかは別問題となりますが。

 

ですので、電車の中で、さあ、会話を始めようと思った時に、いきなり質問から入るのはリスクがあります。

 

質問をする際にネタは何でもよいのですが、それを誰にでも共通する事項に結び付けるのが一番です。

 

自分の話をして、共通項を絡ませた質問で相手の反応を見る

 

例を挙げた電車ですと、広告とか目に入りますね。

 

英会話スクールの広告を見つけたら、それに関して、「自分は英会話スクールに興味があって受けようと思っているのですが、○○さんは興味がありますか?」と質問しないことです。

 

相手が英会話スクールに興味があるかどうか分からないですから。

 

そこで、誰にでも共通する項目にリンクさせて質問すると良いです。

 

「(英会話スクールの広告を示唆しながら)自分、英会話に興味あるんですけどねえ。でも、小さい頃から英語が苦手で、ずっと得意にしたいと思っていたんですが、今に至ってるんです。○○さんは、英語は小さい頃得意でしたか?」

 

というふうに持っていくのです。

 

ここで使った共通項のひとつは

 

「若い頃(小さい頃)どうだったか」です。

 

すべての人に共通する共通項が大事なんです。

 

代表的な共通項は他にもありますが、別の記事で改めて御紹介します。

Sponsored Link